ボードシミュレーションゲームで遊ぼう!
ネットワーク対戦でウォーゲームを楽しむことなどを中心に色々と書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VASSALでマーケットガーデン(CM版)
 VASSALにてコマンドマガジンのマーケット・ガーデン作戦をプレイしました。お相手はVさん。
 既に色々とVASSALで対戦のお相手をして頂いております。

 コマンドマガジンが届いたのが対戦日の当日の昼だったので、急いでルールを読んでの対戦となりました。

 事前にドイツ軍を担当することに決まっておりましたので、時間を縫って初期配置を検討しました。
 作戦級ゲームをやること自体が10数年ぶりなのですが、あまりのMAPの広さに対する駒の少なさに、どうやって戦線を張るのかが全く把握できませんでした。

 とりあえず薄く広く戦線を張るしかないドイツ軍。

 さて、どういう展開となるのでしょうか。
 初動はヘント付近まで後退して戦線張って様子を見ることに。

 連合軍はアメリカに補給を集中する作戦にでる。

 ナンデスカソノ破壊力ハ。

 アメリカ軍の破壊力はまさに悪魔的で、前線部隊は踏み潰されて消えていく。
 機甲突破まで考えたら恐ろしいまでの破壊力。

 これははっきりいってドイツ軍は前線を支えるということなど無理なのではと思います。どんどん踏み潰されていくのを見て、必死で後退戦を展開することに。
 ドイツ軍は効率良く捨て駒を置いて、時間を稼ぎつつ後退するしかないゲームなのか。(これについては今後ソロプレイで確認していきたいと思います)

 なんにしても幸いイギリス軍に補給が回っていないので、アントワープ関連のヘクスだけは守りきる作戦に。
 補給完全なアメリカ軍は手がつけられません。

 パットンがイギリス軍の分まで補給を分捕って北東に向けて斜行突破するというとんでもない状況に。
 空挺降下が5ターンと非常に遅かったため助かりましたが、最終ターンの終了時の状況は以下の通り。

最終ターンの状況


 1ユニットにライン川を突破されたので、国内残存の兵力をかき集めて殲滅したのがヴェッセルの街付近。
 恐ろしく薄い兵力で戦線を支えるドイツ軍と、イギリス軍の担当戦区まで攻め込んでいるアメリカ軍。

 一応、ゲームの勝利条件的には勝ちということになってますが、とても勝ったとは思えない戦況。
 うーん、恐ろしく奥が深いのか、ドイツ軍の戦い方が良く分かりません。
 近日中に別の方と対戦予定なので、少しテストプレイをしてリハビリせねば。
スポンサーサイト

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://solarsys.blog103.fc2.com/tb.php/1-6d8948aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。